佐伯市観光ナビ
弥生

7/30~10/10 もしかめ!特別展示 佐伯の川に住む「カメ」が勢ぞろい♪もしもしかめよ、かめさんよ~♪ 知っているようで知らない「カメ」の生態を紹介します

  • 特別展示コーナー
  • 外来種ミシシッピアカミミガメ

道の駅やよい「番匠おさかな館」で特別展示開催中!

 

カメの不思議な生態に迫る!!

「もしもしかめよ、かめさんよ~」と童謡で親しまれるカメですが、甲羅という特殊な体を持つ爬虫類の仲間で、雌雄の見分け方や首を甲羅内に収納する骨格、生態などが意外と一般には知られていない生き物です。

佐伯市の淡水域に生息するニホンイシガメ・クサガメ・ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)・スッポンの全4種と、日本には生息しない首を横に曲げるヨコクビガメの仲間を展示し、カメの不思議な生態に迫ります。

カメを飼育されている方も多いので、展示を見れば、自宅のカメを自由研究の題材にすることもできるかも!

 

 

H28‰Ä‚Ì“Á•Ê“WŽ¦Îß½À°

 

 

開催日時/2016年7月30日(土)~10月10日(月・祝) 10:00~17:00

入場料/中学生以上300円 ・ 小学生以下200円 ・ 3歳以下は無料

開催場所/道の駅やよい「番匠おさかな館」

 

<展示生物>

にほんいしがめ

ニホンイシガメ

佐伯市にもともと生息する淡水性のカメ。河川や水田の西部により生息地が減少し、絶滅危惧種に指定されているが、最近では外来種のクサガメとの交雑、ミシシッピアカミミガメとの競合、アライグマにより卵が食べられるなど全国的に減少傾向にある。

 

くさがめ

クサガメ

最近の研究では18世紀ごろ持ち込まれた外来種である可能性が高い

 

にほんすっぽん

ニホンスッポン

日本にすむカメだが、地元の方に聞くと番匠川では放流後より見られるようになったと言われる。

 

ミシシッピアカミミガメ

ミドリガメという名で販売されるアメリカ原産のカメ。現在、逃げ出したり、逃がされたものが自然繁殖し、日本中でもっともよく見られるカメとなっている。

 

アフリカヌマヨコクビガメ

頭を横にして甲羅に収納するカメ

 


 

 

<関連リンク>

番匠おさかな館(公式ホームページ)

番匠おさかな館「淡水魚水族館」(観光大百科)

道の駅やよい(観光大百科)

Information

施設データ
番匠おさかな館 データ:
○ 所在地: 〒876-0112 大分県佐伯市弥生大字上小倉898番地1
○ 電 話: 0972-46-5922
○ 開館時間: 10:00 ~ 17:00(入館は16:45まで)
○ 入館料:大人 300円 / 子ども(小学生以下) 200円 / 幼児(3歳以下)無料
* 団体(15名様以上)についてはおひとり様50円引き。
* 障がい者割引はありません(引率者は1名様無料)
○ 休館日: 毎月第2火曜日・年末年始
* 団体様については、事前に予約いただければ休館日でも対応可能です。
○ 駐車場: 道の駅やよい駐車場をご利用ください
○ トイレ: 有り
お問い合わせ先
番匠おさかな館 TEL:0972-46-5922
佐伯市観光案内所 TEL: 0972-23-3400

Photo gallery

  • スッポン
  • 小川に生息するニホンイシガメ

アクセスマップ

交通アクセス
<自動車>
東九州自動車道 佐伯ICより車で約10分(県道36号・219号経由)
大分市より国道10号線にて車で約60分
延岡市より国道10号線にて車で約60分


<大分バス>
佐伯駅→道の駅やよいで下車
★バス系統/大分県庁行き (20分/380円)
★バス系統/本匠(小半鍾乳洞・上津)行き  (20分/380円)
ページトップ