佐伯市観光ナビ
宇目

唄げんか大橋(うたげんかおおはし)北川ダムに架かる国道326号の湖面橋

唄げんか大橋
  • 唄げんか大橋と道の駅宇目

唄げんか大橋(うたげんかおおはし)は、大分県と宮崎県の県境近くに位置し、北川ダム(ダム湖百選)のダム湖に架かる橋です。開通は1993年7月。建設省(現国土交通省)直轄工事による日本初のPC斜張橋で、PC斜張橋としては日本全国で7番目の長さを誇ります。

逆Y字型の2本の主塔と、そこから扇状に張られた100本のケーブルにささえられた橋は、幾何学的な造形美を見せてくれます。利便性と造形美を併せ持つ、県南の重要な湖面橋です。

橋のたもとには「道の駅宇目」があり、ドライブの休憩や、周辺観光の拠点となっています。

* PC = プレストレスト・コンクリート(あらかじめ応力を加えたコンクリート材)

Information

施設データ
唄げんか大橋 データ:
○ 所在地: 大分県佐伯市宇目地内
○ 形式:3径間連続PC斜張橋
○ 橋長:292.1m
○ 中央支間:170.0m
○ 橋幅:12.5m
○ 車線数:2
○ 竣工:1993年3月
○ 管理者:国土交通省
お問い合わせ先
佐伯市観光案内所 TEL: 0972-23-3400

アクセスマップ

ページトップ