佐伯市観光ナビ
佐伯市街

城下町佐伯 国木田独歩館明治の若き文豪「国木田独歩」が過ごした佐伯での日々に、想いをはせるひととき・・・

城下町佐伯 国木田独歩館
  • 城下町佐伯 国木田独歩館(主屋・二階)
  • 城下町佐伯 国木田独歩館(土蔵・二階)

城下町佐伯 国木田独歩館は、明治26年(1893年)10月から明治27年(1894年)7月末までのわずか10ヶ月間、当時22歳の国木田独歩と弟収二(15歳)が下宿した坂本永年邸です。坂本永年は、独歩が教師を務めた鶴谷学館 の館長であり、公私ともに面倒をみていました。独歩は主屋2階に下宿。裏山にあたる城山の山上まで散歩することも多かったようです。当時の佐伯の人口は5000人ほどの町でした。
このような佐伯と独歩のかかわりを、彼の過ごした坂本邸でご紹介するために建物を修復、「城下町佐伯 国木田独歩館」として公開することになりました。展示は大きく主屋と土蔵に分かれ、それぞれ1階と2階をご覧いただけます。坂本邸は幕末の頃に建築されおり、すでに150年は経過しています。古い日本建築と城山を借景とした庭園の美しさをご覧いただき、明治の若き文豪が過ごした佐伯の日々に想いを馳せるひとときを、どうぞごゆっくりお過ごしください。

 

【 国木田独歩と佐伯 】
明 治26年(1893年)、佐伯町鶴谷学館教師(教頭職)として、弟と共に来佐した国木田独歩(くにきだどっぽ)。後に、明治を代表する文豪として評される人物です。 佐伯滞在はわずかに10ヶ月でしたが、尺間山、彦山、元越山(もとごえさん)などの山々に登りました。なかでも彼が最も愛し、何度も登ったのが城山でし た。その様子が、彼の日記「欺かざるの記」にくわしく記されています。城山の山頂には「独歩の碑」建てられています。
佐伯滞在の経験は、後に彼が表す作品に大きな影響を与えることとなり、「春の鳥」「源おぢ」「鹿狩」など、佐伯を舞台とする作品として結実しました。佐伯を離れた独歩はその後「武蔵野」という有名な作品を残し、37歳という短い一生を終えました。

 

生年:明治4.7.15(1871.8.30)

没年:明治41.6.23(1908)

国木田独歩と弟収二の歳の差は7歳

 

 

【 主 屋 】
主屋一階には、独歩が過ごした明治時代の佐伯を紹介するコーナーや、独歩の作品に登場する情景をイメージした映像表示・企画展示室があります。
主屋二階は、独歩と収二が下宿した部屋です。低い天井が特徴で、独歩は窓から「元越山」を眺めていたといわれています。

 

【 土 蔵 】
土蔵一階では、独歩の生い立ちや文学的な特徴を、資料とグラフィックで展示・解説しています。「独歩デジタル文庫」では、佐伯にかかわる作品をわかりやすく、画像と音声で説明する電子ブックを用意しました。独歩文学の魅力を、ごゆっくりお楽しみください。

 

【 裏 庭 園 】
城山の麓にあたる地形を活かし、立体的に構成された庭園です。坂本永年の時代にすでに築造されていました。山際からしみ出る湧水をためた池と古木が、武家屋敷らしい風情を醸し出しています。

 

主な施設:
○ 主屋(一階・二階)
○ 土蔵(一階・二階)
○ 裏庭園

 


 

〈関連リンク〉

文豪ストレイドッグス×城下町佐伯 国木田独歩  企画展

 

Information

施設データ
城下町佐伯 国木田独歩館 施設データ:
○ 所在地: 〒876-0848 大分県佐伯市城下東町9番37号
○ 電話: 0972-22-2866
○ 開館時間: 9:00 ~ 17:00(入館は16:30まで)
○ 入館料:
  個人 大人 200円、小人 100円
  団体(15名以上) 大人 100円、小人 50円
  ※ 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者1名は無料。
○ 駐車場: 文化会館下駐車場(無料)をご利用ください
○ 休館日: 毎週月曜日・年末年始(12月29日~1月3日)
     (月曜日が祝日の場合は翌日休館)

共通観覧券: 一般 500円 / 小・中・高校生 150円
佐伯市歴史資料館・城下町佐伯国木田独歩館・佐伯市平和祈念館やわらぎを各1回観覧できる共通観覧券です。発行日より 1年間有効です。
お問い合わせ先
城下町佐伯 国木田独歩館 TEL: 0972-22-2866
佐伯市観光案内所 TEL: 0972-23-3400

Photo gallery

  • 主屋・一階
  • 主屋・一階
  • 主屋・一階

MOVIE

「城下町佐伯 国木田独歩館」のご紹介

アクセスマップ

交通アクセス
JR佐伯駅から徒歩20分、タクシー 5分
東九州自動車道佐伯ICより車で15分
最寄りのバス停: 大分バス・内町入口
ページトップ