佐伯市観光ナビ
佐伯市街

神の井 大入島神話と椿の里 -大入島

神話の島「大入島」

佐伯湾に浮かぶ離島はひょうたん型をしており佐伯港から約700mほどの近さにあります。

朝7時台から日暮れまで1時間に1便ほど往復する定期船で手軽に渡れます。

周囲は約17km。平坦な道のりはサイクリングが最適。2時間もあれば気ままな散策を楽しむこともできます。

 

 

「神の井」

神武天皇が、東征の途中に立ち寄ったと伝えられる佐伯市大入島の日向泊。

波打ち際までわずか数メートルの距離にもかかわらず、今でも清水が湧く「神の井」があります。

佐伯湾に浮かぶ大入島の北端近くに位置する日向泊に、「神の井」はあります。

神武天皇東征のみぎり、大入島の日向泊に立ち寄り、島に水がないことに心痛され弓矢で海岸を掘ると、この清水が湧き出したという故事が伝えられています。

昭和63年に、大分県の「豊の国名水」のひとつに選定されました。

現在は飲用水としては利用できません。

 

 


 

<関連パンフレット>

大入島へようこそ パンフ

大入島へようこそ パンフ 修正-01

<定期船料金表>

「おおいたの島めぐり」大入島への交通アクセス

「大入島観光」運行ダイヤ

 


 

 

〈関連リンク〉

里の駅 大入島「食彩館」

大入島トンド火まつり

研修宿泊施設「マリンハウス海人夏館」

おおにゅう島まつり

 

 

Information

施設データ
神の井 データ:
○ 所在地: 大分県佐伯市大字日向泊
○ 豊の国名水15選

現在は飲用不可となっています。
お問い合わせ先
佐伯市観光案内所 TEL: 0972-23-3400

Photo gallery

アクセスマップ

ページトップ