佐伯市観光ナビ
News&Topics

宇目 落水 的はり祭り今年の吉兆を占う

佐伯市指定無形民俗文化財「落水的はり祭り」は、江戸時代初期から続く祭りです。

竹で東西南北を描いた的に茅で作った矢を射って、その年の猟や米の出来、地区民の健康と幸福を占います。

 

 

的はり祭りとは・・・

木浦落水に江戸時代初期から受け継がれてきた行事。正月16日に朝から地区全員が集まり、男性は神事の準備、女性は直会(なおらい)の準備をして大体11時ごろから「的はり」が始まる。

まず地区の長老が五穀豊穣と家内安全を祈念し酒盃に自分でお神酒をつぎ末香で清めて三本の矢を的に向けて射る。長老が済むと区長をはじめ主だったものから女子どもにいたるまで同じ動作で的を射る。

一同が射終ると長老が矢跡を見てその年の吉兆を占い判断する。

的は直径150センチ。的の中心は10センチ、25センチ、35センチ。

一番外側に東西南北、裏側に鬼と一字書く。

行事が終わると一同座につきお神酒を回して、後は癇酒を飲みご馳走を食べながら今年の運勢をはじめ諸々の話に花を咲かせる。

(宇目町誌より抜粋)

 


 

落水的はり祭り

開催日:2018年1月14日(日) 

9:00~ 観音様にお参り

11:00~ 的はり行事

12:00~ 直会
13:30~ とんど焼き

 


 

★2018年1月14日開催の情報

今年の的はり行事には17名が参加
焼香、お神酒をいただき、一礼二拍手を行い1人3本矢を射る
的の裏面中心部には「鬼」と描かれており、中心に当たると鬼退治となる
占いは暦を参考に行われる

今年の恵方は「南南東やや南」
中心に4本の的が当たる
的の周りを囲むように南や東が多く当たる
良い年になる
稲は平年

とんど焼きの火付け位置も恵方にあり年男がつける
竹に挟んだ餅を焼き「無病息災」を願いいただく

Information

お問い合わせ先
宇目振興局 地域振興課 TEL:0972-52-1111
佐伯市観光案内所 TEL: 0972-23-3400

Photo gallery

アクセスマップ

ページトップ