佐伯市観光ナビ
本匠

大水車の郷木造では日本一の大きさ -佐伯市本匠の大水車

佐伯市本匠の大水車
  • 秋の大水車
  • 佐伯市本匠の大水車
佐伯市本匠の大水車

その昔、佐伯市本匠には谷あいの豊富な水を利用した数多くの水車が随所に見られ、脱穀・精米・籾摺(もみすり)など、農作業の動力源として活用されていました。しかし、時代とともにその役目を終え、次々に姿を消していきました。
本匠の大水車の再現には、本匠村のこのような時代背景がありました。

大水車が完成した1995年(平成5年)当時は日本一の大きさを誇りましたが、現在は西日本最大級となり本匠のシンボルとして親しまれています。

水車の直径は18.18mで6階建てのビルと同じ高さです。樹齢70~100年といわれる杉の木を使っています。

また、大水車のまわる小半森林公園キャンプ場は、ユニークな施設として全国的に脚光を浴びるとともに、九州屈指の清流「番匠川」のモニュメントとしての役割を果たしています。

 

大水車と隣接して小半森林公園キャンプ場やフリークライミングができる石灰岩の絶壁、川沿いをのんびり散歩できる遊歩道もあります。

水車茶屋なのはな・夢工房「匠の里」では地元の材料で作った蕎麦料理や天然鮎の塩焼きなどがいただけます。

そば打ち体験もできますので詳しくはお問合せください。

 

 

近隣観光施設
小半鍾乳洞
ほたるの里 ほんじょう
ほたるの学校
水車茶屋なのはな

○小半森林公園キャンプ場

 

小半鍾乳洞
大正11年(1922年)に国の天然記念物に指定されました。世界でも珍しいとされる「斜柱石」を観ることができます。

ほたるの里 ほんじょう
九州屈指の清流「番匠川」は、上流域の各地でホタルの乱舞を観ることができます。鹿淵(かぶち)地区は「ほたるの里」として整備され、ゲンジボタルが川面一面に波打つように光る様子は圧巻です。

ほたるの学校
毎年、ホタルの時期に合わせて開校します。受講したかたには「本匠ホタル博士」の称号が授与されます。

水車茶屋なのはな
地元本匠産の蕎麦粉を使ったメニューが人気です。夏そば・秋そばがあるので、一年中新鮮なそばをお楽しみいただけます。「そば打ち体験」もできます(要予約)。

日本一・水車マラソン
毎年12月第1日曜日には、番匠川に沿って走る「日本一・水車マラソン」が開催されます。

 


 

〈過去の情報〉

★2018.8~10月/2017年9月の台風18号の被害のため改修工事をしました。

大水車を建設した水車大工の野瀬秀拓さん(福岡県久留米市・67才)に改修を依頼し、

大分県内の大工も参加して若い大工に技術の継承をする機会ともなりました。

野瀬さんは日本有数の水車大工でこれまで200基以上の建設をしており、本匠の大水車は手掛けた中で最も大きいとのこと。

水車の寿命は20年程度に対し、この大水車は25年も持ちこたえました。

羽根板(縦33cm×横140cm)に自分の名前などを記す「大水車改修共感プロジェクト」を開催。

128枚の板には結婚記念や夏の思い出にと、たくさんの人たちが関わることとなりました。

被害から1年ぶりに水車がまわりはじめます。

Information

施設データ
佐伯市本匠の大水車 データ:
直径: 18.18m(60尺)
幅: 1.39m(4尺6寸)
総重量: 約23t
使用材: 樹齢70年~100年の広川木(久留米)
バケット個数: 128個
バケット容量: 80l / 個
回転数: 2.5回 / 分
関連ホームページ
おおいたデジタルアーカイブ:佐伯市本匠の新名所「日本一の大水車」
お問い合わせ先
佐伯市本匠振興局 TEL: 0972-56-5111
水車茶屋なのはな TEL: 0972-56-5566

Photo gallery

  • 夏は川遊び
  • アタックロード
  • カッパがお出迎え
  • 小半鍾乳洞
  • ホタルの乱舞
  • ミツマタの花

MOVIE

アクセスマップ

交通アクセス
東九州自動車道 佐伯ICより車で約25分(県道35号)
東九州自動車道 蒲江ICより車で約60分(県道37号経由・県道35号)
JR佐伯駅より車で約30分(国道217号経由・県道35号)
ページトップ