佐伯市観光ナビ

2020年 7月29日(水) 砕氷観光船 ガリンコ号が進水しました!

2020年 7月29日(水) 14:40、(株)三浦造船所(大分県佐伯市鶴望4900)で「砕氷観光船 ガリンコ号Ⅲ」の進水式が行われました。

 

 

 


 

 

今回進水したのは、『砕氷観光船ガリンコ号(三代目)』。『ガリンコ号』は、オホーツクの海で流氷を砕きながら進む砕氷観光船で、毎年 1月から 3月まで流氷観光便として活躍しています。

 

ガリンコ号最大の特徴は、船首の「アルキメディアン・スクリュー」。世界でも珍しい推進機構です。「アルキメディアン・スクリュー」を見ようと、県内・県外から多くの方が見学に訪れ、『ガリンコ号Ⅲ』の進水を祝いました。兵庫県から見学に来た男性は、「こんな珍しい船が次に進水するのは40年くらい先なので、休暇を取って来ました」と話していました。

 

 

写真提供:カメラのケンコー

 

 

下の写真は、現在就航している『ガリンコ号Ⅱ』が流氷の海を行く様子です。(写真は、オホーツク・ガリンコタワー株式会社様よりご提供いただきました)

 

 

 

『ガリンコ号Ⅲ』は、10月下旬まで内装工事・外装塗装や習熟運航などを行い、11月中旬に佐伯港を出港、途中旅行社・マスメディアへのお披露目をしながら北海道紋別市に到着する予定です。

 


 

『ガリンコ号Ⅲ』は、船首に2機搭載された「アルキメディアン・スクリュー」に加えて、船尾に「Zペラ(アジマススラスターの一種)」と呼ばれる特殊な推進装置を搭載しています。

『ガリンコ号Ⅲ』の建造の様子は、「紋別観光案内所」のWebページ(下記を参照してください)で、写真付きでくわしく紹介されています。興味のある方はぜひご覧ください。

「Zペラ」はIHI原動機の商標です。

 


 

ガリンコ号関連Webサイト:

オホーツク・ガリンコタワー株式会社

紋別市ホームページ

紋別観光案内所 – ガリンコ号Ⅲ IMERU建造中!

株式会社 三浦造船所

 

 

 

ページトップ